読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとーすログ

言葉と文芸とインターネット

酸欠少女さユりから逃げていたが、ついに捕まってしまった

ウェブコラム 音楽

「さユり」というシンガーソングライターがいます。今年の夏にノイタミナ枠で方法されたアニメ「乱歩綺譚」のエンディング・テーマ、「ミカヅキ」を歌っていたので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。ちなみに、僕はアニメを見ていなかったので、最近まで全然ご存じなかったです。

前の前に「酸欠少女」を冠した「酸欠少女さユり」をキャッチコピーとし、“酸欠世代”の心情を歌う2.5次元パラレルシンガーソングライターを名乗っている。自然と震えるような特徴のある歌声を持ち、影のある歌詞の曲が多い。 さユり - Wikipedia

www.youtube.com

どうして僕が彼女の存在を知ったのかというと、最近、KAI-YOUさんがやたらと彼女のことを推してくるのです。

kai-you.net

kai-you.net

僕は、何度かこのような酸欠少女さユりに関する記事タイトルを目にしながら、ずっと彼女の曲を聴くことから逃げていました。それは何故か。

ハマってしまうからです。僕は、絶対にこの少女にはまってしまうのだろうなと確信してしまいました。「酸欠少女」というキャッチも、奇をてらっている合羽も、かわいらしい顔も、すべて僕を誘っているようにしか思えなかったのです。

そして昨日、僕はついに根負けして、YouTubeで初めて彼女の声を聴きました。衝撃。やっぱり、僕は彼女のことを好きになる以外の選択肢がなかったのです。

本当は、もっと危うげな声を想像していました。やくしまるえつこのようなウィスパーか、大森靖子のような叫びに近い声。しかし、酸欠少女さユりの声は、想像よりもしっかりと通る声でした。1本芯の通った、太く綺麗な声。瞬間、僕は中高生のときによく聴いたYUIを思い出しました。

しかし、歌詞に関しては全くサブカルの影響を受けているといって良いと思います。当人も上記のインタビューで、最果タヒが好きだと語っていました。例えば彼女は、次のように歌います。

それでも誰かに見つけて欲しくて 夜空見上げて叫んでいる 逃げ出したいなぁ 逃げ出せない 明るい未来は見えない ねぇ

さユり「ミカヅキ」

現れるべくして現れたとしか言いようがありません。僕はこの曲を初め、酸欠少女さユりの曲をYouTubeで聴きながら、今まで僕が通ってきた様々なアーティストを思い出していました。先ほども挙げたYUI相対性理論大森靖子アーバンギャルドパスピエBUMP OF CHICKENRADWIMPSチャットモンチーGalileo Galilei……(順不同)

ロキノン系やいわゆるサブカル系(カテゴライズ適当でごめんなさい)を取り込み、でもそのどれとも結果的には全然似ていなくて、彼女独自の世界を築いている。僕は安易に「天才」という言葉を使うので、あまり使わないようにしようと心がけているのですが、やっぱり彼女にはこの言葉が似合います。「天才」です。

そして、もう単純に彼女はかわいい。かわいいから聴くということではありませんが(いや、かわいいから聴くのですが)、絶対的にかわいい。応援したくなってしまう。もちろん曲だけを聴くのも良いけれど、できればMVも一緒に観たい。

僕はボカロ曲の中では石風呂さんの「ゆるふわ樹海ガール」が好きなのですが、酸欠少女さユりは「ゆるふわ樹海ガール」をカバーしています。それを歌う姿がとってもかわいい! ていうか背が低い!!(ご存じない方のために書き添えておくと、僕はどちらかというとロリコンです)

www.youtube.com

彼女はまだ19歳。まだ若いのに、パワフルすぎる。しかし、若いからこそパワフルなのではないか、とも思うのです。『インストール』や『蹴りたい背中』であれだけ青春をこじらせてしまった綿矢りさも、今ではすっかり大人になってしまいました。酸欠少女さユりが、これからどう大人になっていくのか。しばらくはまだまだ子どもっぽさを残す彼女の楽曲を楽しみたいと思いますが、今後どのように成長を遂げていくのか非常に楽しみです。

ミカヅキ

ミカヅキ