僕は仕事ができない

熊本でWebディレクターをしています。文芸、演劇、カメラ、インターネットが好きです。

熊本に住んでいるけれど、出社しているし僕は元気だ

大学入学とともに熊本に来て、就職した後も学生時代と同じアパートに住んでいます。そして、入社直後に今回の平成28年熊本大地震。就職で熊本に来たばかりの方たちは本当に災難だったろうなと思うのですが、僕は僕の意思で地元ではない熊本に就職したので、運が無いというより運命かなと考えています。

木曜、土曜未明の地震から数日が経って、僕の生活は日常を取り戻してきました。月曜は会社の片付けを行ったものの、それも午前中に終わってしまい、何より出社をしています。僕の住んでいるアパートはまだ水が出ませんが、会社は熊本市外で、普通に水も出ます。

コンビニにも食料や水が届き始めたので、それほど苦労はしていません。アパートも平気なので、ずっとそこに寝泊まりしています。

ただ、ニュースを見ていると益城阿蘇方面をはじめ、甚大な被害を被っている箇所がたくさんあります。僕はこうして日常をほぼ取り戻しているけれど、夜は避難所で寝泊まりせざるをえない人たちがたくさんいるのでしょう。まだ水や食料が足りていない所もあるのでしょう。

通勤電車の中で、この記事を書いています。そろそろ駅に着きます。電車は遅れて運行していて、乗り込む人もいつもより少ないけれど、それ以外はいたって普通です。

先週の土日は、休みといえど不安も大きくて休日らしい休日を過ごすことができませんでした。やっと水曜日。乗り越えて、今週末は休日をしっかり噛みしめたいなと思っています。