あとーすログ

熊本でWebディレクターをしています。文芸、演劇、カメラ、インターネットが好きです。

新卒がとりあえず出社初日に持っていくと安心できる文房具

新卒として働き初めて半年が経ちました。文房具類は、備品もあるし、むしろ仕事道具なので備品から使った方がいいのですが、備品が充実していない職場もあると思いますので、ある程度は自分で揃えておいた方が安心です。

僕も入社初日にはいくつかの文房具を持って行ったのですが、それでも「あれがない…」という感じで今も買い足したりしています。

そこで今回は、僕がここ半年で「初めから買っておけば良かった!」と思うものを紹介させていただこうかと思います。

 

ボールペン

もう当たり前すぎるくらいに当たり前なのですが、ボールペンは常備しておきましょう。黒ボールペンは当然のこと、赤ボールペンも使用頻度が割と高いので、準備しておきましょう。

特に僕は印刷と広告の仕事をしているので、原稿に修正を入れるときは赤ボールペンを使います。

割となくしやすいので、自分の机に2本、バッグの中に1本ずつくらい用意しておくと安心です。

ちなみに僕は、メインのボールペンは「TIME LINE」というものを使っています。卒業祝いでいただいたのですが、書きやすくて非常に良いです。「書く」という行為は思考を整理するために重要な作業ですので、少しでも「書く」ことが楽しくなる道具を用意しておいた方がいいと思います。

 

安いボールペンで言うと、個人的にはSignoのちょっと引っかかる感じが好きです。 

 

それから、ご存じの方も多いかとは思いますがジェットストリームは僕の周りでも人気が高く、使っている方が多いです。

 

あとは、フリクションは「消せる」という唯一無二の特性を持っていて、やっぱり非常に便利なので、一本くらいは持っておいた方がいいでしょう。

 

ボールペンにはそれぞれ太さがありますが、メモ用には0.5ミリくらいが丁度と感じています。

0.7ミリは、書き心地はいいのですが小さい文字を書こうとするとどうしても潰れてしまいます。

また、0.3ミリのものなどもありますが、こちらは反対に引っかかりが強すぎる感じがします。

まあ、この辺りは好みの問題もありますので、使ってみて一番テンションの上がるものを使うといいと思います。それほど高いものでもないので、何種類か買ってみて自分にぴったりのものを検討するのもいいかもしれませんね。

 

ホチキス

ボールペンは皆さん当然持っていくことと思いますが、僕が入社して初めて「準備しとけばよかった!」と思ったのがホチキスです。

皆さん予想しているかとは思いますが、新卒は雑用を振られることも多いです。そしてその雑用の中に、「資料配布」というものがあります。データは先輩に与えられて、それを出力して配るのです。

複数枚の資料を渡すときには、やはりホチキスで止めるのが親切です。にも関わらず、意外とオフィスになかったりします。僕もホチキスを買ってから、よく先輩に貸しています(今までどうしてたんだろう…)。

また、ホチキスを買う場合は同時に補充用の芯も買うようにしておきましょう。100円ショップだと1000本×3箱のセットが買えるはずです。僕は半年で100発くらいしか使わなかったので、まあ職種にもよるとは思いますが、とりあえず1セットだけ買って机の引き出しにでも入れておけば十分です。

 

はさみ

意外と切るぞ

 

のり

意外と貼るぞ。

特に、封筒で郵送するときとかに必須なので、手元に置いておくと安心です。

 

定規

意外と測るぞ。

特に印刷の仕事をしていると、見本の印刷物の長さなどを測ることが多々あります。とりあえず、15センチ定規があるといいでしょう。プラスチック製は汚れが目立ちますし、気温によって微妙に長さが変わることもありますので、金属製がおすすめです。100円ショップにあります。

あと、意外とまっすぐに線を引きたい機会はあるぞ。

 

シャーペン&消しゴム

基本的にはボールペンだけで困らないのですが、たとえばアイディアのラフを書くときとかにあると便利です。それすらも僕はボールペンでやってしまいますが、一応デスクにはおいています。

学生時代はボールペンだけでノートを取っていた方も多いかと思いますので、1本くらい準備しておくと吉です。合わせてシャーペンの芯も買って、ホチキスの針と一緒に引き出しの中に入れておきましょう。

 

スケジュール帳

学生時代からスケジュール帳を持っている方は多いと思うのですが、働き始めるとスケジュール管理しないと訳が分からなくなるので、必ず準備するようにしましょう。会社で働くことを考えると、4月始まりがいいと思います。

ただ、スケジュール帳に関しては会社で支給される場合もあるので、入社してから検討してみてもいいかもしれません。自分で買って支給されると、どちらを使えばいいのか分からなくなってしまうので…。

ちなみに僕は、EDiTというスケジュール帳を使っています。1日1ページ使うタイプのやつです。1日のはじめに、やらなければならないタスクを書きだすスペースが十分にあるので、重宝しています。

 

同じようなやつで、ほぼ日手帳も人気があるみたいですね。

ほぼ日手帳 2017 weeks カラーズ・リネン(1月始まり) ウィークリー

ほぼ日手帳 2017 weeks カラーズ・リネン(1月始まり) ウィークリー

 

 

付箋

スタンダートに横長のやつを1セット買っておくといいと思います。僕は、別にその日のうちにやらなくてもいいタスクを書いてスケジュール帳に貼り、その日のうちに終わらなかったら次の日のページに移動して貼るというようなことをしています。

そうでなくても、資料にマークしたり軽い伝言メモを残したりと、使えるシーンは様々あります。

 

ブロックメモ

 ブロックメモというのは、こんな感じのやつです。

SHIKI ブロックメモ 白無地 メモ-1000BL 1000枚

SHIKI ブロックメモ 白無地 メモ-1000BL 1000枚

 

 新卒で働き始めると、多分「電話番はお前の仕事だあああああ!」みたいな感じになると思うので、メモする道具は必須です。いらなくなったら、すぐに捨てられるのもいいですし、そのまま伝言メモに使うこともできます。

僕は電話を取ったら、会社名とお名前はすぐにメモするようにしています。電話が苦手なので、用件を聞いているうちにすぐそういう情報を忘れてしまうのです。

 

クリップ

ホチキスではとても刀打ちできない厚みの資料もあるので、準備しておきましょう。

日本クリノス ダブルクリップ 小 19mm 10個入x10パック WCL-3-10

日本クリノス ダブルクリップ 小 19mm 10個入x10パック WCL-3-10

 

 

まとめ

現状、僕のデスクにある文房具は以上のようなものです。当たり前すぎて見落としているものとかあるかもしれませんが、まあとりあえず、新卒の方々が初出社するときには、この辺りをバッグに忍ばせておけば大丈夫かと思います。