読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとーすログ

熊本でWebディレクターをしています。文芸、演劇、カメラ、インターネットが好きです。

どうして文章を書くのか考えて自己啓発をしてみる

以下の記事を読みまして。

medium.com

 

ここでは、文章を書くモチベーションを確かめるための質問として次の4つが挙げられていた。

 

・ なぜ自分は書くのか

・何をテーマに書くのか

・誰のために書くのか

・書いた文章でどんな変化を生みたいのか

 

文章を書くというのは結構大変なことだ。それなりに時間がかかるし、頭も使わなくちゃならない。僕は文章を書くのが好きだからずっと書き続けているわけだけど、締め切りやノルマを設定してそれに追われていると、「なんでこんな大変な思いをしなくてはならないんだろう?」と考えてしまう。

 

だからこそ、たまに自分の中で文章を書くモチベーションを確認してやる必要があるのだと思う。

 

好きだけど大変、というのは別に文章を書くことに限った話ではない。僕は本を読むのが好きだけど読むのは労力を要するし時間もかかる。そしてあまり時間がとれなくて、本が読めず、「本当に僕は本が好きなのかな?」なんて思ってしまう。習い事でも趣味でもスポーツでも、同じような経験をしたことが誰にでも一度はあるはずだ。

 

普通に生活していれば、「やりたいけど大変なこと」よりも、「別にやりたくもないけど楽なこと」に流れてしまいがちだ。書きたいテーマの原稿があったとしても、延々と関連動画を流し続けるYouTubeに留まり続けてしまう。

 

そんな状況から脱却するためには、やはりモチベーションを高めていく必要がある。言い方を変えれば、これは自己啓発をすることだと思う。

 

僕は自己啓発本というやつが割合に好きで、書店にあると何冊かパラパラとめくってしまう。中身は大抵同じことが書いてある。どれもこれも当たり前のことばかりだ。でも、その当たり前のことができていないのが人間というやつなので、ぼくは定期的に自己啓発をする。

 

そんな自己啓発の一環として、上で引用した問いに対する僕なりの答えを書いてみたい。

 

 

なぜ自分は書くのか

第一には、上にも書いたように「書くのが好き」というのが最も大きな理由だと思う。

子どもの頃から小説を書くのが好きで、小説家になりたいと思っていた。その夢は今でも叶っていないけれど、ずっと小説を書き続けている。

でも、書き続けているうちに、文章って別に小説だけじゃないんだということに気付いた。ブログでも詩でも短歌でも評論でも、文章の世界は驚くくらい無限に広がっていた。

 

創作活動をするときに、自分の守備範囲というものを誰しもが決めると思う。音楽もできなくて絵も描けない僕は、とりあえず文章全般を守ることができるようになろう、と決めたのだった。それこそが、書く理由なのだと思う。

 

そういえば以前、以下のような記事を書いたこともあった。

taskeyu.me

taskeyu.me

 

 

何をテーマに書くのか

このブログのキャッチフレーズは「言葉と文芸とインターネット」だ。

 

大学では日本語日本文学を学んでいたこともあり、そこで学んだようなことが基本的なテーマになっている。

 

また、インターネット文化が大好きなので、そのあたりの話題にもアンテナを張っている。

 

別に運営している「蓼食う本の虫」も文芸系メディアと名乗っているので、これからももっと文芸っぽいことを書いていきたいと思っている。

 

また、関心のある領域を聞かれた場合には「インターネットと文芸の交わるところ」と答えることにしている。

 

 

誰のために書くのか

蓼食う本の虫に限って言えば、明確に「小説を書いている人・書きたいと思っている人」に書いている場合が多い。

 

たまに外れてしまう人にも届けたい記事があるため、「小説を書く人のためのWebメディア」ではなく「文芸系Webメディア」ということにしているのだけど、基本的には僕みたいにアマチュアで小説を書いている人をターゲットにしている。

 

小説なんて一人で書けるし、誰に習うものでもない。でもどうやったらいいかわからないことも多いし、そのほとんどに対して検索してもぴったりの回答が返ってこない。

 

小説の書き方に対して完璧な答えは出せないのだけど、ある程度の解決策を提示することはできるんじゃないかと思っているし、小説の執筆を快適にするためのツールならばいくつも紹介できる。

 

 

書いた文章でどんな変化を生みたいのか

文芸について網羅的に扱っているサイトというのは実はあんまりなくて、特に「書く」ということに関しては個人ブログに書かれたものを頼りにするしかない。

 

けれど、蓼食う本の虫に文芸に関する様々な情報があるとすれば、いくつものサイトを見て回らずに済む。簡単に情報を得ることができて、本来時間を割くべき作品の執筆に集中することができる。

 

他の人が欲している情報を僕が代わりに時間をかけて見つけ出す。そんなイメージを持っている。

 

 

というようなことが、僕の書くモチベーションだ。蓼食う本の虫の声話ばかりして、実はこの個人ブログを書く意味というのをまだあんまり見つけきれていないんだけど、書くのは好きなのでとりあえずそれだけの理由で書いてもいいのかなと思う。

 

これからも頑張って書くので、どうぞよろしくお願いいたします!