あとーすログ

熊本でWebディレクターをしています。文芸、演劇、カメラ、インターネットが好きです。

福岡で何枚かの写真を撮って気づいたこと。

いつもは熊本に住んでいるのだけど、色々とあって2ヶ月間は福岡にいることになった。

 

あまり歩いたことのない街に来ると写真を撮りたくなる。昨日は、一眼レフをわざわざ通勤鞄に忍ばせて、写真を何枚か撮ったりしていた。

f:id:ATOHS:20170519115025j:image

f:id:ATOHS:20170519115028j:image

 

知らない街で写真を撮るのはとてもわくわくする。それほど特別な被写体じゃなくても、とてもドキドキする。せっかくなので、休日はまたたくさん福岡で写真を撮ってみるつもりだ。

 

こうしてみてふと思ったのだけど、僕以外の人にとって、この写真は結構つまらないものなのかもしれない。だって、福岡という場所の特別さは僕だけのものだから。

 

しかし、こうも考えられる。僕がいつも暮らしている熊本の写真も、誰かにとって特別になり得るのでは?

 

今までは見慣れた街並みを写真に収めるなんてことはあまりしなかったけど、熊本の街を撮ってSNSなんかで公開するのも面白いのかなあと思い始めている。

 

写真については色々と勉強しているけれど、本当に色々なところに赴いてたくさん撮ってみるのがいちばん良いんだろうなと感じる。あと、他の人が撮った良い写真にしっかり感動して覚えておくこと。その「良い」には必ず理由があるはずなので、そこを要素分解して自分の写真に落とし込んでいかなければならない。

 

写真をたくさん撮っていると、なんとなく良い構図というのがつかめてくる。ちょうど良いシャッタースピードや絞りも分かってくる。ISO感度はこれ以上上げるとやばいな、みたいなこともわかる。

 

僕が撮る写真は、8割方失敗する。なかなか良い写真じゃないかと思ってたやつが、10枚連続でピントがあってないみたいなことがざらにある。

 

 でも、そうやって失敗を重ねながら、自分の中で納得できらものを、出していければ良いかなと思っている。

 

いつもとは違う場所で過ごしてみると、考えることが変わって非常に良い。写真以外にも、福岡で色々と試してみたいなという所存です。